楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Amazon】生鮮食品を配達する「Amazon フレッシュ」が開始 大手ネットスーパーと価格を比べてみた

【Amazon】生鮮食品を配達する「Amazon フレッシュ」が開始 大手ネットスーパーと価格を比べてみた
スポンサードリンク

Amazonが野菜やお肉などの生鮮食品、モンシェールの堂島ロールなどの専門店グルメなどを取り扱う、Amazonフレッシュの提供を開始しています。Amazonフレッシュはプライム会員のみ利用することができ、初回のみ30日間の無料体験が用意されており、以降は月額500円で利用することが出来ます。

最短4時間で生鮮食品が届くAmazonフレッシュ

今回Amazonが開始した新サービス”Amazonフレッシュ”は、プライム会員向けに公開されたサービスで、これまでAmazonでは購入することが出来なかった、野菜やお肉といった生鮮食品を最短4時間で受け取ることができる、ネットスーパーサービスです。

生鮮食品以外にも専門店グルメも豊富に取り扱われており、モンシェールの堂島ロールや人形町今半のA4・A5ランクの和牛なども販売されています。

なお、Amazonフレッシュを利用するには月額500円(初回のみ30日無料)の支払いが必要となり、これとは別に年額3,900円のプライム会員にも加入する必要があるので、Amazonフレッシュだけ利用するのであれば、実質的な月額費用は825円となります。

追記
大事なことを書き忘れました。Amazonフレッシュは東京都南区、中央区、墨田区、江東区、千代田区、江戸川区の6エリアで利用可能です。利用可能地区は今後順次拡大していくとのことです。

Amazonフレッシュと大手ネットスーパーのどちらがお得なのか

Amazonフレッシュと東京都内の某大手ネットスーパーの一部食品の価格を比べてみたところ、競合他社のネットスーパーにも対抗し得る価格設定になっているようです。

食品など Amazon フレッシュ 東京都内 某大手ネットスーパー
国内産キャベツ(1/2カット) 169円 139円
国内産キャベツ(玉) 237円 259円
国内産じゃがいも(1個) 68円 74円
国内産じゃがいも(1パック/1袋) 275円 248円
国内産にんじん(1本) 58円 74円
国内産にんじん(1パック/1袋) 164円 170円
国内産たまねぎ(1個) 62円 74円
国内産鶏むね肉 352円(44円/100g) 195円(78円/100g)
国内産鶏もも肉 731円(104円/100g) 320円(128円/100g)
国内産豚もも薄切り 448円(224円/100g) 170円(170円/100g)
国内産鮭2切れ 498円(311円/100g) 577円(321円/100g)
たまごLサイズ 10個パック 230円(23円/個) 257円(25.7円/個)
明治おいしい牛乳 1リットル 199円 257円
ヨーグルト ビヒダス 400g 144円 149円
キャノーラ油 1350ml 320円 321円
ヤマサ 有機丸大豆の吟選しょうゆ 1000ml 300円 321円

上記価格は産地や鮮度(生/冷凍等)の違いなどについては考慮していないので、必ずしもAmazonフレッシュが安いとは限りませんが、価格だけで比べるのであれば、鶏肉や乳製品、醤油や油といった商品はAmazonフレッシュの方が安い傾向があります。

ただし、全体的な品揃えは大手ネットスーパーの方が豊富な印象を受けたので、Amazonフレッシュだけでは料理の食材が揃わないケースもあるかもしれません。

AmazonパントリーとAmazonフレッシュの違いについて

Amazonはプライム会員向けに食品や日用品を販売するサービス”Amazonパントリー”を提供していますが、AmazonフレッシュはAmazonパントリーと似て非なるサービスです。

Amazonパントリーでは非生鮮食品(お菓子や珍味、レトルトなど)やドリンク類、日用品などを扱っていますが、Amazonフレッシュはそれらの商品に加えて、野菜やお肉といった生鮮食品を購入することができる”ネットスーパー”に相当するサービスになっています。

またAmazonフレッシュは午前8時から深夜0時までの間で、2時間毎に配達時間の指定ができ、尚且つ注文から最短で4時間後に商品を受け取ることができます。

  • 生鮮食品の有無(Amazonパントリーは生鮮食品の取り扱い無し)
  • 配達時間の違い(Amazonフレッシュは4時間後に受取可能)
  • 利用料金(Amazonフレッシュは月額500円、Amazonパントリーは月額無料)
  • Amazonパントリーは一箱あたり290円の手数料が必ず発生
  • Amazonフレッシュは税込6,000円未満の場合は、配送料500円が発生

最近の大手ネットスーパーは、注文過多で配達時間の締め切りが早くなってきているので、Amazonフレッシュを当日配送分を買いそびれてしまった時の保険として利用するのも良いかもしれません。

Amazonでプライム会員に登録する・30日間の無料体験を試す
Amazonで「Amazonフレッシュ」を見てみる

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top