楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【正式発表】純正ワイヤレスイヤホン「AirPods」の機能・価格・対応機種について

AirPods (1)
スポンサードリンク

本日午前2時より開催されたAppleスペシャルイベントにて、ワイヤレスタイプの純正イヤホン「AirPods」が発表されました。今回はスペシャルイベントで明らかになったAirPodsの機能・価格・対応機種を詳しく解説します。

Apple Watch Series 2の発表内容まとめ

AirPodsの特徴概要

  • 充電器にもなるケースが付属
  • ケースから取り出すだけで自動でAppleデバイスと接続
  • AirPodsを耳から外すと自動で音楽が停止する
  • AirPodsをタップすることでSiriの起動が可能
  • 連続駆動時間は最大5時間
  • 周囲の雑音を取り除くマイクが搭載
  • 両耳・片耳聴きに対応
  • 15分の充電で3時間のバッテリー駆動時間
  • 充電ケースを併用することで24時間以上のバッテリー駆動が可能

より詳しい特徴の詳細は、”スペシャルイベントで発表されたAirPodsの全貌“で解説します。

AirPodsの機能・価格・対応機種について

AirPodsの機能・価格
AirPods
接続方法 ワイヤレス(Bluetooth)
内蔵チップ Apple W1
光学センサー
加速度センサー
マイク ◯(周囲の雑音を取り除く技術が採用)
操作パネル ダブルタップでSiriの起動が可能
連続駆動時間 最大5時間
充電時間 15分の充電で3時間の音楽再生が可能
付属充電ケースだけで24時間以上に相当する充電が可能
同梱物 AirPods
充電ケース
Lightning – USBケーブル
発売日 10月下旬
価格(税別) 16,800円
AirPods対応機種
デバイス モデル
iPhone iPhone 5
iPhone 5c
iPhone 5s
iPhone SE
iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone 7
iPhone 7Plus
Apple Watch 各モデル 38mmケース
各モデル 42mmケース
iPad iPad mini 2
iPad Air
iPad Air 2
iPad mini 3
iPad mini 4
iPad Pro 9.7インチ
iPad Pro 12.9インチ
iPod iPod touch 第6世代

※ MacBookにも対応しているとは思われるものの、執筆時点ではApple Storeの互換性リストにはMacBookの記載がありません。

スペシャルイベントで発表されたAirPodsの全貌

Apple W1チップ搭載で実現した”装着状態の認識”

1_AirPods_up (1)

AirPodsにはAppleが開発したW1チップが搭載されており、内蔵バッテリーを無駄遣いすることが無いよう、自動制御によって最適化されています。また光学センサーと加速度センサーが搭載されており、AirPodsはユーザーの着用状況を認識することができ、着用状況に応じて「音楽の自動停止」や「片耳のみの動作」が可能になっています。

紛失防止にもなる便利な充電ケース

2_AirPods_up (1)

AirPodsには、専用の充電ケースが付属しています。充電ケースでAirPodsを15分間充電することで、3時間連続使用することができ、最大で24時間以上に相当する充電を充電ケースですることができます。なお充電ケース自体は、付属のLightning – USBケーブルを使った充電方式が採用されています。

Appleデバイスならスムーズに接続先を切り替えられる

3_AirPods_up (1)

Appleデバイスで音声出力先にAirPodsを指定することで、簡単に複数のデバイスでAirPodsを併用することができます。AirPodsには「ペアリングは1台まで」といった制限が無いので、状況に応じてスムーズに使い分けることができます。

価格は税別16,800円と決して安くは無いですが、W1チップ・光学センサー・加速度センサーが搭載されており、尚且つApple純正で音質も徹底追求したイヤホンでしょうから、Appleとしては頑張った価格設定かもしれませんね。いつもの調子なら税込20,000円超えてもおかしく無いような気も?

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top