楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

Spigenのスタイルリングを綺麗に外して再利用するコツ

cat (1)
スポンサードリンク

今回はSpigenの落下防止用リング「スタイルリング」を綺麗に外して再利用するコツを解説します。
iPhoneを修理に出す時や売却する時、ケースを買い換えた時やリングの位置を調整したい時には、スタイルリングを外す必要があるので、覚えておくと何かと便利なコツです。

【レビュー】Spigenのスタイルリングを使うと片手操作の範囲が驚くほど広がる【レビュー】Spigenのスタイルリングを使うと片手操作の範囲が驚くほど広がる

※ スタイルリングを長期間貼り付けた後に剥がすと、ケースの素材によっては若干粘着跡が残る場合があるので、粘着跡が付いてしまった時はウェットティッシュなどで拭き取ってください。
また、スタイルリングを外す際に力を入れすぎてしまうとスタイルリングの破損やケースの破損にも繋がりかねないので、下記の方法は自己責任で実施してください。

Spigenスタイルリングを綺麗に剥がして再利用するコツ

リングを真横に寝かせます。
th_1_stylering

iPhoneをしっかりと押さえながらリングに指を掛けて、小刻みに何度も水平方向に吸着土台が2mm前後ズレるぐらいの強さで引っ張る。
※一気に力を入れて剥がしてしまうと破損に繋がる可能性があります。
th_2_stylering

こんな感じに小刻みに何度も引っ張ると剥がれます。

※GIF動画が再生されない場合はコチラをタップ。

※GIF動画が再生されない場合はコチラをタップ。

シリコンの吸着面は水洗いすることで吸着力が復活しますが、1〜2度剥がしたぐらいであれば、水洗いしなくても十分貼り直しが効きます。
th_4_stylering

水洗いせずに2度貼り直したにも関わらず、ケースのバックカバー自体が持って行かれそうなぐらいの吸着力は健在でした。

※GIF動画が再生されない場合はコチラをタップ。

※GIF動画が再生されない場合はコチラをタップ。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top