楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【レビュー】Spigen「iPhone Xケース シンフィット」なら画面の端のエッジスワイプも快適

thin-fit_20171123 (1)
スポンサードリンク

iPhone Xではホームボタンが撤廃され、画面下段に代わりとなる1本のバーに置き換わりました。

画面のロックを解除では、画面下端から上方向にスワイプする必要があるので、保護ケースを着用していると指先のケースの縁が引っ掛かるような違和感を覚えることが多々あります。

今回iPhone Xを使う上で欠かせない、エッジスワイプ操作を快適にできるiPhone Xケース「シンフィット」のサンプルを頂いたのでレビューします。

傷から守りつつも未着用同然の使い心地

シンフィットは、ポリカーボネート素材で作られたカバータイプのケースです。

ケースの厚みが非常に薄く、背面〜側面を傷から守ることを重視しているので、ケースを装着していないiPhone Xに限りなく近い使用感を維持しながらも、擦り傷などから守ることができます。

2_thin-fit_20171123_up

ケースの高さも最低限に抑えられているので、画面の左端や右端から中央に向かってスワイプするような操作も快適です。

SpigenのガラスフィルムGLAS.tR SLIMと組み合わせて使用すると、ケースの縁とディスプレイが概ねフラットになるので、より快適になります。

3_thin-fit_20171123_up

背面はシンプルな無地デザイン。今回のサンプル品はマットブラックですが、他にもメタリックレッド、ジェットホワイト、サテンシルバー、シャンパンゴールド、ブラッシュゴールドといったラインナップが用意されています。

肌触りはプラスチックのような「ツルツル」では無く、ピトッとした程よいグリップ感を残しながらもサラサラとした質感。(マットブラック)

5_thin-fit_20171123_up

カメラレンズ部分は一回り大きなサイズでカットされていて、レンズへの擦り傷を防ぐ為に高さのある縁取りされています。

6_thin-fit_20171123_up

サイドボタンやボリュームボタンはオープンタイプなので、ケース未着用時と何ら変わらない操作感です。ケースの厚みも薄いので爪が短い方でも安心です。

7_thin-fit_20171123_up

上端と下端はディスプレイ面の引っ掛けが無く、広く空けられています。

iPhone Xの場合、画面のアンロックなどで下端から中央に向かってスワイプする頻度が非常に多いので、下端が剥き出しのケースの方が指先への刺激が少なく、快適に操作することができます。

8_thin-fit_20171123_up

iPhone Xの使い心地を残しながらも、背面ガラスパネル〜側面を傷から守りたいのであれば最適なケース。

もちろん無線充電(Qi充電)にも対応していますし、Spigenのマグネット式車載ホルダーにも対応しているので、iPhoneをカーナビとして使用する方にもおすすめです。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top