楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【レビュー】iPhone Xガラスフィルム「Spigen GLAS.tR SLIM」はiPhone 4Sから続く人気の定番ガラスフィルム

spigen-glas_20171120 (1)
スポンサードリンク

発売日にiPhone Xを入手してから、ディスプレイのツルツルとしたさわり心地の虜になり、フィルムを貼らずに使い続けていました。

フィルムも何も貼っていないiPhoneは、この上無く最高なんですが、大事に使っているつもりでも目を凝らして画面を見てみると、細かい傷が幾つも。

1_spigen-glas_20171120_up

今回はそんな画面へのダメージを防ぐことができる、SpigenのiPhone X対応ガラスフィルム「GLAS.tR SLIM」を提供して頂いたのでレビューします。

iPhone Xの画面を硬度9H以上で保護できる「GLAS.tR SLIM」

今回レビューするのは、Spigenの人気ガラスフィルムGLAS.tR SLIMシリーズのiPhone X用。

GLAS.tR SLIMは、硬度9H以上の硬さで画面を保護することができ、撥油コーティング加工も施されているので指の滑りが特に良く、指紋が付着しづらく、また付着した指紋も簡単に拭き取る事ができます。

またガラスフィルムには飛散防止加工が施されているので、iPhone Xを落下させた時にヒビが入ってしまってガラスが飛散ることが無く、お子さんにiPhoneを手渡すことがある場合でも安心して使うことができます。

3_spigen-glas_20171120_up

梱包品はガラスフィルム、説明書、ウェットクリーナー、クロス、ダストステッカー。

ガラスフィルムは梱包材が二重になっているので「パッケージを空けたらガラスフィルムが割れていた」なんてトラブルも少なそうです。

4_spigen-glas_20171120_up

貼り付け方法は一般的なガラスフィルムと同じで、ウェットクリーナーで汚れを除去して、クロスで拭き上げ、ダストステッカーで埃をペタペタと除去して貼り付けです。

5_spigen-glas_20171120_up

ガラスフィルムを貼り付けるときは、粘着面の剥離シートを剥がし、上下のツマミを持ちながら、iPhone Xの真上から落とすように貼ることになります。

画面の表示部分と縁(ベゼル)の境界がわかりづらいので、明るい色味の壁紙を適用して、画面を点灯した状態で貼ると上手に位置を合わせられます。

6_spigen-glas_20171120_up

貼付け後に気泡が入った場合は、指先をクロスで覆って外に押し出すことで気泡を抜くことができます。

7_spigen-glas_20171120_up

最後にツマミをペリペリと剥がすことで、前面のフィルムが剥がれてガラス面が姿を見せます。

8_spigen-glas_20171120_up

ガラスフィルムの透明度、滑り心地共に良好。

ディスプレイの縁を操作する「エッジスワイプ」は、ガラスの厚みが0.3mmあるので、多少指が引っ掛かる感は否めないものの、ラウンド加工によって縁が滑らかに加工されているので、指先が痛むことはありません。

9_spigen-glas_20171120_up

画面上部の切り込み(センサーハウジング)にも干渉しておらず、Face IDやインカメラへの影響も一切ありません。

切り込みを覆うフィルムを貼り付けた場合、Face ID認証に問題が起こった際はフィルムを剥がす必要がありますが、GLAS.tR SLIMであればその心配もありません

10_spigen-glas_20171120_up

ホームボタンの代わりとなる画面下部のバーについても、何ら問題無く操作することができます。

11_spigen-glas_20171120_up

iPhone Xは画面の縁が湾曲しているため、GLAS.tR SLIMは一回り小さいサイズ(ディスプレイの表示面積を覆うぐらいのサイズ)になっているので、一般的なTPUケースやハードケースであれば、互いに干渉し合うことは無いかと思います。

12_spigen-glas_20171120_up

もしSpigenのiPhone Xケースをお使いなのであれば、ガラスフィルムもメーカーを合わせるので、互換性の面でも安心です。

iPhone 4Sの頃から継続して発売されている人気シリーズなので、定評のある確実な物を購入したいのであれば、GLAS.tR SLIMは良い選択かと思います。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top