楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【レビュー】Spigen「iPhone Xケース ラギッドアーマー」はAppleのロゴを活かしたクールなiPhoneケース

RuggedArmor_20171116_up (1)
スポンサードリンク

iPhoneを傷や衝撃から守りたいけど、背面のロゴ(林檎マーク)は残したい..なんて思うことはありませんか?

今回はそんな「背面のロゴ」を活かしたSpigenのiPhone Xケース「ラギッドアーマー」のサンプルを頂いたのでレビュー。

カメラレンズ周りの八角形カット、カーボンパターンデザインなど、随所にデザイン面のこだわりが垣間見れるケースに仕上がっています。

Appleのロゴを活かしたスタイリッシュデザインな「ラギッドアーマー」

ラギッドアーマーは、衝撃吸収性に優れたTPU素材を採用。表面はサラサラとした肌触りで、指紋の付着も目立ちづらい質感です。

1_RuggedArmor_20171116_up

背面のAppleロゴ部分は丸くカットされており、光沢感のあるリングと背面ガラスの光の反射で高級感を演出。

2_RuggedArmor_20171116_up

カメラ周りも楕円のカットでは無く、キリッとしたフォルムの八角形カット。こちらも光沢感のある加工が施されていて、こだわりが垣間見えます。

ケースの厚みがカメラレンズより厚くなっているので、デスクに置いた時の擦り傷防止にもなる機能性を兼ね備えています。

3_RuggedArmor_20171116_up

TPUケースは、質感から安っぽく見えがちですが、ラギッドアーマーは上下のカーボンパターンとマットな素材によって、メリハリのあるデザインになっています。

4_RuggedArmor_20171116_up

ディスプレイ面は、ケースの縁が若干高く作られているので、カメラレンズ同様にディスプレイを擦り傷から保護することができます。

5_RuggedArmor_20171116_up

サイドボタンとボリュームボタンはケースによって保護されています。

ラギッドアーマーは、ボタン部分を橋渡したような、ボタンカバーの左右のみ接合されている作りになっているので、ケース着用時の「ボタンが固くなる」といったこともなくクリック感も良好です。

6_RuggedArmor_20171116_up

スピーカーグリル周りもケースでギリギリまで保護されています。

Lightning端子周りは余裕のあるスペースが設けられているので、純正アクセサリーの類なら問題は無いかと思います。

7_RuggedArmor_20171116_up

ケースの内側には衝撃吸収効果のある蜘蛛の巣加工、衝撃が掛かりやすい四隅を保護することができるエアクッションテクノロジーを採用。

Spigenのケースは個人的にも好きで長く使い続けていますが、これらの衝撃吸収機能のお陰か、何度もiPhoneを手元から落としているものの、今のところ落下による故障を経験したことがありません。

8_RuggedArmor_20171116_up

ラギッドアーマーは、iPhone Xをしっかりと保護しつつも、iPhoneの「Appleのロゴ」を残し、iPhoneらしさを残すことが出来る保護ケースです。

今回レビューしたのはマットブラックモデルですが、他のラインナップとして、ミッドナイトブルー、より保護力の高いラギッドアーマーエクストラも用意されています。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top