楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【レビュー】防水性能IPX4を兼ね備えたワイヤレスイヤホン「Q11」

Q11 (1)
スポンサードリンク

今回はSoundPEATS社より提供して頂いた、ワイヤレスイヤホン「Q11」をレビューします。
数ヶ月前に紹介したワイヤレスイヤホン「Q10」の後継機となる同製品ですが、前モデルと比べると丸みを帯びたデザインに刷新されており、イヤーピースも音楽用とスポーツ用の2種類が同梱しています。

ランニングなどの運動用途、通勤通学用途のどちらでも使えるワイヤレスイヤホン

スペック
Bluetooth:4.1(iPhoneのステータスバーにバッテリー残量が表示される)
防水性能:IPX4等級の生活防水&防汗仕様
バッテリー持続時間:待機状態約180時間、通話約5.5時間
音声通話:CVC(Clear voice capture)6.0 ノイズキャンセルテクノロジーを採用
遅延対策:aptX(低遅延コーデック)対応
重量:18.5g
保証:1年
付属品
Q11本体
USB – MicroUSBケーブル
スポーツ用イヤーピース2サイズ(S/M)
音楽用イヤーピース3サイズ(S/M/L)
ケーブル長さ調整用パーツ
襟どめ用のクリップ
収納ポーチ

最近だとこの手のワイヤレスイヤホンはマイク機能が付いていることが多いものの、正直なところ音質はがイマイチなものが多いです。Q11はノイズキャンセル機能が付いているためか、類似製品に比べると音もクリアで聞き取りやすい印象を受けました。

外観は丸みのある万人受けしそうなデザイン

ハウジングはアルミ削り出しとのことですが、質感・肌触りともに艶消しのプラスチックのような質感です。ハウジング自体のサイズも非常にスリム(縦1cm/横3.5cm)で、耳周りが騒がしくなくスッキリしています。
イヤーフック部分は柔軟に折れ曲がる柔らかい素材が採用されており、イヤーフック型でありがちな耳周りの擦れ(痛み)も、連続1時間使う限りでは特にそのようなトラブルもありませんでした。

1_Q11_up

音質

全体の音質としては、低域と高域が強いドンシャリ寄りなバランスになっています。低域や高域が強いと楽しめるような音楽(EDM/ROCK)であれば迫力もあり向いていますが、しっとりとした音楽とはイマイチ相性がよくありません。また音が少し篭りがちなのも少し気になります。少し辛口になってしまいましたが、価格を考慮するのであれば価格相応の音質かもしれません。(執筆時点3,760円)

※ 音に関しては各々の好みがあるので一個人の感想程度に留めてください。

Q11 開封フォトレビュー

梱包箱を開けると専用ポーチが入っており、中にQ11本体が収納されています。
2_Q11_up

ポーチをあけると梱包物がどっさり。冒頭でも紹介しましたが、音楽用とスポーツ用のイヤーピースが同梱するのは珍しい。
3_Q11_up

Q11本体は薬のカプセルをそのまま大きくしたかのような、楕円形のデザインになっています。イヤーピース部分は「くの字」に曲がっているので、しっかりと奥まで装着することができます。
4_Q11_up

ケーブル部分のコントロールパネルで再生/停止、早送り/早戻しなどの操作が可能です。ボタンの突起が少なくクリック感も弱いため、指先の感覚だけで操作するには少しの慣れが必要です。
5_Q11_up

レビュー執筆後に知ったのですが、既に後継機となる「Q12」も発売しているようです。Q12については、イヤーフックが耳のくぼみ(耳甲介艇)に引っ掛けるタイプのようなので、人によっては装着感がイマイチかもしれません。気になる方はAmazonストアで確認してみてください。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top