楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【レビュー】車のジャンプスターターにもなる最大容量16,500mAhのモバイルバッテリー「PB-C9」

PB-C9 (1)
スポンサードリンク

今回はAukey様より提供して頂いた、車のジャンプスターターにもなる最大容量16,500mAhのモバイルバッテリー「PB-C9」をレビューします。通常のモバイルバッテリーとは異なり、車のバッテリー上がりなどのトラブル対策に重きを置いた特殊なモバイルバッテリーです。

車のトランクに入れておくと役立つ非常用モバイルバッテリー

PB-C9は、DC12V車専用のジャンプスターターとしても使うことができます。どちらかというとコチラがメインの機能ではあるものの、バッテリー容量がiPhone 6を5回以上(目安)充電ができる16,500mAhとなっており、iPhoneやiPadを高速充電出来る最大2.1AのUSBポートも2つ搭載されており、モバイルバッテリーとしても申し分無い性能になっています。

ただし、本体重量が642gとかなり重たいので、一般的なモバイルバッテリーのように持ち歩くのには向いておらず、車のトランクに忍ばせておく「非常用電源」的な使い方が中心になります。LEDライトも搭載されているので、これからのレジャーシーズン(キャンプなど)では役立つシーンも多いかもしれません。

容量 16,500mAh
入力 15V/1A
出力(USB) 5V/2.1A×2ポート
出力(ジャンプスターター) 12V
最大電流 600A
サイズ 176.2×91.6×44mm
重量 642g

PB-C9 フォトレビュー

モバイルバッテリーや各種ツールを収納できるハードケースが付属しています。PB-C9をトランクに積むのであれば、ケースの上にも物が置けるので無駄なデッドスペースを防ぐことができます。
1_PB-C9

ハードケースの中にはモバイルバッテリーや付属品がギッシリ詰まっています。
付属品:モバイルバッテリー(ジャンプスターター)、ジャンプスタートケーブル、ACアダプター、シガーチャージャー、Micro USBケーブル、取扱説明
2_PB-C9

モバイルバッテリー本体は、厚みのあるプラスチック素材で出来ているようで、かなり頑丈そうな印象を受けます。カラーはブラックの1色のみです。
3_PB-C9

本体の側面には、最大2.1AのUSB出力×2、本体充電用ポート、電源ボタン、ON/OFFスイッチ、LCDディスプレイが搭載されています。ON/OFFスイッチは主電源的な役割を果たしており、スライド式スイッチが採用されているので、何かの衝撃で電源が勝手にオンになることは無さそうです。
4_PB-C9

LCDディスプレイはバックライトが点灯するので、夜間での利用時もバッテリーの状態を確認できます。(スターター機能を使うには残量20%以上が必要)
5_PB-C9

2つのUSBポートも、最大2.1Aの高速充電が出来ることが確認できました。
8_PB-C9

本体上部にはLEDライトとスタートケーブル接続ポートが搭載されています。スタートケーブルのポートはシリコンカバーに覆われているので、埃が入ってしまう心配もありません。
6_PB-C9

LEDライトは電源ボタンを長押しすることで点灯します。点灯した状態で更に長押しすると、SOSモード(モールス信号)、フラッシングモード、点灯オフの順に切り替わります。消す時はON/OFFスイッチをOFFにしてしまったほうが早いです。
7_PB-C9

万が一車のバッテリーが上がってしまった時に、これを1つ積んでおけばロードサービスを呼ばずに解決することが出来るかと思います。自動車保険の中には無料ロードサービス(大抵は契約期間中に1回まで)が付帯しているものもありますが、万が一「自分ではどうしようも出来ないトラブル」が起きてしまった時の為に、無料ロードサービス残しておきたいのであれば、車に1つ保険として乗せておくと良いかもしれません。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top