楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone SE】TPUとハードフレームの二重構造でiPhoneをお洒落に守る「ネオ・ハイブリッド クリスタル」

neo_hybrid_crystal
スポンサードリンク

今回はSpigen様より提供して頂いた、iPhone SE / 5s / 5対応のケース「ネオ・ハイブリッド クリスタル」をレビューします。ネオ・ハイブリッド クリスタルは、クッション性に優れるTPUケースとポリカーボネートのハードフレームを二重構造にすることで、iPhoneの保護力とお洒落さの両方を兼ね備えたケースになっています。

TPUケースでもハードバンパーがあるだけでお洒落に

ネオ・ハイブリッド クリスタルは、TPUのケースをポリカーボネートのハードフレームで囲むことで、TPU素材ならではのクッション性を確保しつつも、TPUケースの弱点である安っぽさを払拭し、どこか高級感があるデザインになっています。
1_neo hybrid_up

ケースに装着する際は、下記画像のようにケースとフレームを分離して、順に装着することになります。
分解するとフレームのバリもキッチリと処理されており、非常に丁寧な作りであることがわかります。
2_neo hybrid_up

iPhoneに装着すると、一回り程度若干大きくなりますが、グリップ感が損なわれることは無く、しっかりと手に馴染みます。
3_neo hybrid_up

背面も透過率の高いクリアカラーになっています。Spigenのロゴはカラープリントでは無く、浅く彫られているだけなので、主張しすぎないスッキリとしたデザインになっています。
4_neo hybrid_up

ボリュームボタンやスリープボタンも、クリック感が損なわれない作りになっています。ありがちな「スリープボタンが硬い」「ボリュームボタンが硬い」といったことも無く快適です。
5_neo hybrid_up

イヤホンジャックやLightning端子周りも大きく確保されています。このあたりは小指を添えた時にバリが当たってしまい痛く感じることもありますが、ネオ・ハイブリッド クリスタルについては、断面が綺麗に丸く加工されているので心配はありません。
6_neo hybrid_up

カメラ周りも大きく確保されているので、写真にケースや影が映り込むようなこともありません。
7_neo hybrid_up

総評

ケースの厚みがあるのでマナー/サイレントスイッチの切り替えが多少面倒です。この点のデメリットを除けば、デザイン性や保護力ともに申し分ありません。「ただのTPUケースはシンプル過ぎて嫌」そんな方におすすめできるケースです。

※ レビューでは、フレームがブラックベースの「ガンメタル」を使用していますが、他にも「ローズ・ゴールド」など合計6色用意されています。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top