楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【レビュー】6畳ぐらいの部屋ならどこでも充電が出来る「LP Lightningケーブル」

cat (1)
スポンサードリンク

今回はGeDigitech様より提供して頂いた、「LP Lightningケーブル」をご紹介します。
LP Lightningケーブルは、全長が3mとかなり長めなので、1本あれば標準的な間取りの6畳ぐらいの部屋なら基本的に部屋中どこでも充電が可能です。
また一般的なLightningケーブルよりも、分厚い被膜で覆われており耐久性がある作りになっているので、1本のLightningケーブルを長く使いたい方にもおすすめできるLightningケーブルです。
MFI認証も取得しているLightningケーブルなので、iOSのアップデートがされても問題ありません。

マジックテープの心遣いが素敵なLP Lightningケーブル

ジップロックのような気密性の高いパッケージになっています。
MFI認証のロゴがプリントされています。
th_IMG_2709

通常この類のケーブルは、針金タイプのビニタイで止められている事が多いのですが、こちらのLightningケーブルはマジックテープで結束されているので、結束バンドを自前で用意しなくても収納には困りません。
Lightningケーブル自体の性能がどうこうといった話では無いですが、こういった小さな配慮って嬉しいですよね。
th_IMG_2711

純正Lightningケーブルと比べると、USB端子側のカバー部がやや大きめです。
またケーブルの直径がおよそ2mm程度太い5mmとなっているので、ケーブル自体が絡まることも少なく、被膜も頑丈なので被膜が破れたり断線するリスクも低いです。
th_IMG_2714

Lightning端子側のカバー部の幅も、やや大きい9mm〜10mm程度になっています。(純正は8mm)
Lightning端子の差し込みスペースが狭いケースやバンパーを使っている場合は、事前にケース側のLightning端子の幅を計測したほうが良いです。
th_IMG_2715

最も断線しやすいケーブルの根本も頑丈に作られていて、故意的に相当な力を入れれば曲がるかもしれませんが、常識範囲内の力では根本から曲がることは無いです。
th_IMG_2716

ちなみに純正Lightningケーブルで同じことをすると、簡単に根本からポッキリ折れます。(断線の原因)
th_IMG_2717

LP Lightningの長さ3mは、思っていたよりも長く、寝室や仕事部屋(6畳〜7畳)ならiPhoneを繋げたまま、部屋中移動ができました。
一人暮らしのワンルームであれば、これ1本あればデスク〜ベッドまで届く方も多いかもしれません。
th_IMG_2718

総評

ケーブル自体もかなり頑丈に作られているので、被膜が破れたりすることも無いと思います。
価格も税込み1,699円となっているので、長さや耐久仕様のケーブルとしては安価な部類です。
標準でマジックテープで結束されているのも、嬉しい心配りですよね。
ちなみにレビューで使用したブラック以外にも、ホワイト、ピンク、グリーン、ブルーのカラーラインナップが用意されているので、室内の色と合う色を選べるのも良いです。

レビューをまとめると、次のような方には中々良いLightningケーブルだと思います。

  • Lightningケーブルの抜き差しをせずに、部屋の様々な場所で充電したい。(デスク、ベッド)
  • 耐久性のある物を探している。
  • インテリアに合う色の物を探している。
  • ワゴンカーなどでシガーソケットから最後列の席まで届く物を探している。
  • プレゼンでiPadやiPhoneを長時間利用するために、遠くにあるコンセントから給電するための物を探している。

ただし、次のような使用環境なのであれば、別のLightningケーブルを探した方が良いです。

  • デスク上など、限られた狭い場所でしか利用しない。
  • 収納時にコンパクトに収納できる方が好ましい。(持ち歩き)

用途や使用環境とLP Lightningケーブルの特徴(長さが3m、頑丈な作り、豊富なカラーラインナップ)を照らしあわせてみてくださいね。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top