楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhoneケース】innerexile odyssey for iPhone 5/5s 高級感溢れるバンパーケース!

cat
スポンサードリンク

今回はiPhoneのバンパーケース「innerexile odyssey for iPhone 5/5s Silver」をご紹介します。
高級感が溢れながらも、iPhoneの良さは失わないバンパーケースになっています。

旅行先で..

unicase_sapporo

先日札幌にあるiPhoneアクセサリーショップ、ユニケース 札幌PARCO店で購入しました。
スタッフさんの商品知識も高く、親身になって商品選びを手助けして頂きました。
また、ケースをiPhone(ハンモック)に装着したサンプルを多く置いているので、購入前と購入後のギャップを感じる事がありません。
iPhone好きの方であれば、話にも花が咲く事間違いなしです!

innerexile odyssey の特徴

背面もしっかり透明カバーで保護
ドライバー不要で着脱が容易
イヤフォンジャックのアクセサリー付
・スピーカー部分も細かいメッシュで保護
・スリープボタン、ボリュームボタン、マナーモードボタン、全てのボタンを保護
強化ガラスフィルムを貼っていても大丈夫!
・ストラップホール付

特に私自身が購入の決めてとなった部分を赤文字にしています。

パッケージ

パッケージ表面
th_IMG_8339

パッケージ裏面。輸入ケースの為、基本的には英文です。
th_IMG_8357

梱包内容

th_IMG_8340

・バンパーケース
・イヤフォンジャック拡張
・ロゴシール
・説明書
上記4点が梱包されています。

デザイン

装着前の状態で幾つがご紹介します。

Dockコネクタ部分は純正Lightningケーブルの端子サイズがピッタリ装着できる大きさになっています。
スピーカー部分もメッシュ状に加工されています。
イヤフォンジャック部分は付属の拡張ジャックを装着すれば、基本的なイヤフォン/ヘッドフォンは装着する事が可能です。
th_IMG_8341

スリープボタン部分もケースに保護されています。
この部分が横にスライドするようになっています。
バンパーを外す際にスライドさせる事で、簡単に脱着が可能です。
th_IMG_8342

ボリュームボタン、マナーモードボタンも保護されています。
th_IMG_8343

ボリュームボタン側の内側はピンで止められているので、耐久度についても問題がありません。
th_IMG_8344

スリープボタンを横にスライドさせると、背面カバー、背面側バンパー、画面側バンパーの3つに分解が可能です。
th_IMG_8346

装着方法

まずバンパーを3つに分解し、画面側バンパーのボリュームボタン側からiPhoneをはめていきます。
th_IMG_8347

背面カバーと背面側バンパーを1つに組み合わせます。
th_IMG_8348

バンパーケースに6箇所のツメがあるので、このツメをカチカチとしっかりとはめていきます。
th_IMG_8349

最初にiPhoneのDockコネクタ部分の2箇所の大きいツメから併せてはめていきましょう。
th_IMG_8350

バンパーフレーム部分を指で強めに押し込んでいきましょう。
ツメがはまると「カチッ」という音が鳴ります。
ツメをしっかり全部はめないと、バンパーが歪む原因になるので入念にチェックする事をお勧めします。
th_IMG_8351

装着イメージ

強化ガラスフィルムを貼っていますが、全く問題ありません。メーカーロゴがお洒落!
th_IMG_8354

ボリュームコントロール側
th_IMG_8353

イヤフォンジャック部分にはストラップホールも用意されています。
ストラップはバンパー装着前につける必要があります。
th_IMG_8355

イヤフォンジャックの拡張アクセサリーがあるので、太めの端子でも装着が可能です。
車内でAUX接続で音楽を聴く方も安心!
th_IMG_8356

使い心地も良!

バンパー部分が斜めに加工されている為、手に持っても角が刺さるような違和感はありません。
何よりも背面もしっかりカバーされていながらも、非常に透明度の高い背面カバーなので、iPhoneらしさが失われません。
普通のケースは飽きた!もっと良い物を!なんて方にはピッタリのiPhoneケースです。
プレゼントにも喜ばれると思うので、是非ご検討してみてはいかがでしょうか?

Amazonリンク

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top