楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】カメラを3種類のレンズに拡張出来る「3in1セルカレンズ PL-A1」

aukey (1)
スポンサードリンク

今回はAukey様より、スマートフォンのレンズを「魚眼レンズ」「広角レンズ」「マクロレンズ」の3つに拡張できる、「Aukey 3in1セルカレンズ PL-A1」を提供して頂いたので使用感をレビューします。
通常のiPhoneでは撮影が難しい接写も、マクロレンズを使うことで撮影が出来るようになります。

“費用を抑えてカメラで遊びたい”そんな方にピッタリ

梱包物は、広角とマクロの一体型レンズ、魚眼レンズ、固定用クリップ×2、レンズキャップ×2。
Amazonのレビューを見ると現在はポーチが付いていることもあるようです。
1_aukeylens_up

レンズとクリップは着脱式で、クリップのUの字部分をレンズにカチッとはめ込むだけで装着が可能です。
何度も着脱をしすぎるとクリップが割れかねないので、基本的にはレンズとクリップを装着したまま管理した方が良さそうです。
2_aukeylens_up

広角レンズとマクロレンズは一体型で、広角レンズの上下をネジのように回すとレンズが分離します。
マクロレンズ用のキャップは付属していないので、マクロレンズを使い終わった後は広角レンズと再度組み合わせる一手間が必要です。
3_aukeylens_up

装着時はクリップでiPhoneの本体を挟み込むことになります。
厚みのあるケースの上から装着してしまうと、iPhoneのカメラレンズと拡張レンズの間に隙間が生まれてしまい、撮影した写真に影が映り込む場合があるので、基本的にはiPhoneを”裸”で使うことになります。
4_aukeylens_up

写真比較

魚眼レンズでの写真比較です。
iPhone 6 Plusで撮影すると、四隅に若干のケラレ(影)が入ってしまいます。
iPhone 5だとケラレが入らなかったので、機種によって差がありそうです。
5_aukey_Fish_up

広角レンズでの写真比較です。
通常撮影に比べ画角がかなり広くなっており、通常のカメラでは写らない景色も収まっています。
ただ、広角レンズで拡張された範囲(写真赤枠外)のピントが若干甘くなってしまうようです。
6_aukeylens_wide のコピー_up

マクロレンズでの写真比較です。
拡張レンズ無しだと下記画像(左)程度が限界ですが、マクロレンズを装着することで写真(右)ぐらいまで寄ることができます。
7_aukeylens_macro_up

同社のLightningケーブル「CB-D24」のレビューでマクロレンズを使用しましたが、Lightningケーブルの被膜が編み込まれている様子もバッチリ撮影できました。
6_aukey_Lightning_up

総評

少し辛口気味?なレビューになりましたが、執筆時点では価格が1,299円と割安です。
「本格的な写真を撮影したい」といった方には正直向いていませんが、「撮影のバリエーションを増やして遊びたい」「商品の細部を撮影してブログに掲載したい」といった方には向いているかと思います。
私個人的にはマクロレンズが一番のお気に入りです。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top